ドメインを選ぶ場合、そのドメインがどれくらいの被リンクを持っているかというのはドメインパワーを測る際とても重要になってきますが、ただ単に被リンクをいっぱい持っていればいいわけではありません。

世界中でつながっている価値のある被リンク

ペンギン等に注意してサイト作成しドメインを育てる

WEBサイトを作成するなら、必ず独自ドメインを取得しておくことをおすすめします。独自ドメインを取得しておけば、サーバーを引っ越しても、WEBサイトのURLを変更しなくて済みます。URLを変更しなくて済むというのは、サイトを運営する上でとても大きなメリットになります。URLを変更するとなると、それまで獲得した被リンクが無駄になる場合もありますし、転送処理をするので手間がかかったりします。また、自分のサイトにリンクを張ってくれている他のサイトの運営者に、リンクURLを変更してくれるように頼んだりしなくてはいけなくなります。とにかく面倒な作業が発生してしまうわけです。しかし独自ドメインなら、そんな面倒なことをせずに済みます。また独自ドメインは自分の財産でもあり、愛着がもてて大事に育てていこうという気にもさせてくれます。ドメインを育てていこうと思ったら、被リンクを獲得することがとても大事になってきます。検索エンジンは、リンクの多く集まるサイトは良いサイトという考え方のもと、被リンクをWEBサイトのランキング指標として使っているのです。ですから、検索エンジンで上位表示を狙うなら、被リンクの獲得が欠かせません。しかし、スパム的手法でリンクを集めることはしてはいけません。検索エンジン最大手のGoogleでは、ペンギンアルゴリズムといわれる検索エンジンスパムを排除する仕組みや、パンダアルゴリズムといわれる低品質サイトを排除するようなアルゴリズムを備えています。プログラムで自動生成させたりして作ったようなスパムリンクでは、ペンギンやパンダなどのアルゴリズムでペナルティを科せられてしまう可能性があります。時間はかかってもコツコツまじめにコンテンツを作り、ナチュラルな被リンクを集めていくのが良策です。