ドメインを選ぶ場合、そのドメインがどれくらいの被リンクを持っているかというのはドメインパワーを測る際とても重要になってきますが、ただ単に被リンクをいっぱい持っていればいいわけではありません。

世界中でつながっている価値のある被リンク

レンタルサーバーとドメイン、ポータルサイトについて

ポータルサイトといえば有力な企業だけが莫大な資金をインフラや集客に投資して実現するというイメージがありましたが、今では誰もが独自ドメインでポータルサイトを運営することが可能となりました。
これには、ドメインの取得手続きや費用が身近になったこと、レンタルサーバーのサービスが多様化し、利便性やコストが魅力的になったこと、そしてサーバーで使用するソフトウェアが進化したことが大きな要因として挙げられます。以前はCGIやJAVAなどでポータルサイトに使用するソフトウェアを自前で作ることが普通だったのが、今ではワードプレスなどのコンテンツマネジメントシステムを誰でも無料で利用することが可能です。
独自ドメインのポータルサイトを運営するには、ドメインの選定を行います。サイトのサービスの方向性を見据えた優れたブランディングのドメインを命名します。
次にレンタルサーバーの選定をします。ポータルサイトの場合はトラフィックの増加が予測されるので、相応の回線速度とサーバースペックが必要になります。潤沢な資金がある場合には、最初から余裕を持って上位のプランを選択するのもよいですが、途中からスペックの高いサービスに移行するというのも一つの方法です。ただし、レンタルサーバーの会社やプランによっては途中でのCPUスペックなどのアップグレードに対応していないケースもありますので、注意が必要です。
ポータルサイトを更新し続けるにはワードプレスなどのソフトウェアを使用することになりますが、このソフトウェアの選定も重要です。レンタルサーバーでこれらのソフトウェアがインストールできるかどうかも、調査が必要です。ワードプレスなどを使えば、ページ更新や追加に伴うHTML編集作業が簡略化されるので、質の高いコンテンツ作りに集中することができます。多人数でのコンテンツ提供にも最適化しているので、ポータルサイトの運営に向いています。