ドメインを選ぶ場合、そのドメインがどれくらいの被リンクを持っているかというのはドメインパワーを測る際とても重要になってきますが、ただ単に被リンクをいっぱい持っていればいいわけではありません。

世界中でつながっている価値のある被リンク

販売中の日本語ドメインで唯一できること

日本語ドメインはまるで検索エンジンに検索ワードを入力するようにアドレスを入力することができるのですが、こうした一連の流れがスムーズに済ませられるのはブラウザが臨機応変に対応しているためです。
つまり、見ている状態では日本語で処理を行っているように見えるのですが、目には見えない裏の部分では相変わらずアルファベットで変換された上で行われているのです。
こうした点からわかるように、対応が進んでいるのは事実ですが、まだ追いついていないのも事実なのでできることに制限があるという認識は持っていおくべきでしょう。
そのため、できることが当たり前の事柄ができないという場合もあるので、販売されているものを購入したり自分で登録したものの思わぬ場面で戸惑う事もあります。
中でも多くの人々が戸惑いやすいのはメールに関する事柄でしょう。
実は、日本語のドメインはメールでは使う事ができず、依然としてアルファベットで対応するしかありません。
その理由は、数多くの企業が開発してローンチしているメールソフトが対応できていないためです。
仮に日本の言葉でメールアドレスドメインを使った場合はアットマークの後ろが英数字がランダムに入り乱れた非常にわかりにくいものになります。
このような文字列は利用者自身が覚えられないですし、受信した側も物騒な内容ではないかと心配になるものです。
こういった懸念材料に対して、現代ではEメールをやり取りに利用することも減ってきたという点からあまり不安視する方が多くないのですが、置き換わったSNSでも使用不可だということを理解しなければならないでしょう。
要するに普及してきているものの、今現在ではサイト以外で置き換えはできないという事です。